お腹の健康状態がカラダの健康状態を支えている!?

私たちのカラダの年齢は、実年齢の他に脳年齢、肌年齢、そして腸年齢が有ると聞いたことはありませんか?

 

その中で、特にカラダ全体の健康状態と密接な関係があるのが腸年齢。

 

いくつになっても元気な人は腸年齢が若いと言われています。

 

 

すなわち、腸年齢が健康状態のバロメーターなんですね。

 

 

例えば、腸の健康状態が悪化して便秘気味な状態が続けば、お腹が張って苦しい思いをするだけでは済すみません。

 

血液に乗って体内に毒素が回り、さまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

 

そんな状態が長引けばドンドンカラダ全体の健康状態をむしばんでいき、やがて恐ろしい病気の原因ともなりかねません。

 

 

反対に、腸の状態が若返る=健康的に改善すると、免疫力の向上や病気にかかりにくくなるなど、さまざまな健康面の促進が期待出来ると言われています。

 

 

このように、お腹の状態を良く保つことが、カラダ全体の健康を支えているとも言えるでしょう。

 

ですが、お腹の中に生息する善玉菌の代表格「ビフィズス菌」は年齢を重ねるごとに減少していきます。
(合わせて生活習慣や食生活などの乱れによっても減少します)

 

そのことから、私たちは年齢を重ねるごとに健康状態を崩しやすくなってしまうのですね。

 

お腹の中の細菌バランス

  • 私たちのお腹の中には、私たちに有益な働きをしてくれる「善玉菌」
  • 私たちにとって、あまり好ましくない働きをする「悪玉菌」
  • どちらでも無いが、勢力が強い方の働きを助ける「日和見菌」

の3種類が生息しています。
(3種類=属性:例えば善玉菌の場合はビフィズス菌、乳酸菌が含まれる)

 

最適なバランスは善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%とされ、お腹の環境が善玉菌優勢の状態に保たれていることが健康な状態です。

 

ですが、年齢や生活などの乱れによって善悪のバランスが拮抗したり、逆転してしまうことで、体調を崩しやすくなったりお通じが出にくくなったりするのです。

 

 

ヘルスエイド(R) ビフィーナSは健康補助食品だから、飲み出したら直ぐに効果を感じられるようなお薬ではありませんが、飲み続けることでお腹の中に生息するビフィズス菌を増やす手助けをしてくれます。

 

ビフィズス菌が増え続ければ、お腹の状態はやがて善玉菌が優勢の健全な状態へと変わっていきます。

 

いくつになっても健康的な生活を送るために、ヘルスエイド(R) ビフィーナSを飲むことでサポートしてくれる。というワケなんです。